メヤニの心配をせずに成形するならフッ素系離型剤を活用するのが吉

工場の機械と作業員

メヤニ除去の手間なしで成形が難しいゴム製品を作れるフッ素系離型剤

ハンドル

製造過程において、金型で型取りをして成形する各種ゴム製品やシリコン製品の中には、非常にデリケートで壊れやすいものも沢山あります。そんな製品については、成形段階での破損を最小限に抑えるために、強力な効果を発揮する離型剤の使用が欠かせません。フッ素コーティング剤が主成分のフッ素系離型剤であれば、軽い力で金型と成形物を分離できるため、成形の際の製品破損リスクを最大限抑えることが出来るでしょう。
また、成形が難しい製品は、単に金型から綺麗に成形物を取り出せれば大丈夫かというと、それほど話は単純ではありません。例えば、極細のシリコン製品を金型から綺麗に取り出せたとしても、メヤニが出来ていたり、離型剤で表面が汚れていたりすると、メヤニ除去の上、更に洗浄して離型剤をすっかり落として綺麗にする必要があります。極細の製品にこのような後処理を加えることによって、その段階での破損リスクも出てきます。フッ素系離型剤なら、そもそもメヤニの生成を防ぐことが出来ますし、成形物を離型剤自体で汚す恐れもありません。従って、フッ素系離型剤は、成形が難しいゴムやシリコンの製品を作る際に必要とされる性質をもれなく備えている便利な製品と言えるでしょう。

フッ素系離型剤ならゴムチューブの成形もメヤニの心配なしでできる

医療分野や各種の工業分野など、幅広い産業において頻用されるゴムチューブは、金型にゴム素材を流し込んで固めるという方法で成形します。ゴムチューブのように細長い形の製品は、金型にほんの少しでも原料のゴムがくっついてしまうと、成形物を取り出す際にその部分が伸びて形が歪になり、チューブとしては不良品になってしまいます。また、金型から無理に剥がそうとすれば、力が入りすぎて、チューブが途中でちぎれてしまうリスクもあります。これを防ぐために、成形の際には離型剤が使われます。例えば、フッ素系離型剤を使うと、成分として含まれるフッ素コーティング剤の働きによって金型表面に非粘着性という特性が備わります。これによって金型内壁の摩擦力が低下し、ゴムの粘着を防ぐことが出来るのです。これだけでも、十分に大きなメリットですが、フッ素系離型剤の場合は、メヤニ生成を防ぐことが出来るというもう一つのメリットがあります。メヤニをつけたままで製品を完成させることは出来ないため、仕上げの前に除去する必要があります。メヤニ除去に要する時間、除去過程で製品ダメージが生じるリスクを考えれば、最初からメヤニが出ない離型剤を使うのが一番安全でしょう。

離型剤の選択次第で引火もメヤニも心配せずに成形作業が可能

シリコンやプラスチック、あるいはゴムといった素材で製品を作る場合、一つのステップとして金型を用いての成形という仕事があります。成形の仕事は、簡単に言えば、製品の形になるよう予め用意した金型に原材料を注入して内部で固化し、金型から成形物を取り出す作業を指します。ただ、固化までは問題なく作業が進んでも、原材料が金型にこびりつき、なかなか分離できないケースがあります。そのようなことが無いように、事前に金型に離型剤を塗布して滑りをよくしておくのです。
成形作業を大規模に行っている現場では、離型剤も大量に使用するため、可燃性溶剤を使った製品だと引火の危険性があって安心できません。フッ素コーティング剤を使ったフッ素系離型剤で、引火性のないタイプのものがあるため、成形の現場ではこちらを採用するといいでしょう。また、フッ素系離型剤は、現場の悩みの一つであるメヤニ生成を防ぐこともできます。メヤニを取り除く工程が成形プロセスに入ることで、一日に成形できる製品数が減って結果的に損をすることになるため、メヤニが生じにくい離型剤を使うことも大切です。この点においても、現場で使用するなら、フッ素系離型剤が好都合と考えられます。

そこでお勧めなのが「フロロテクノロジー」の『フロロサーフ』です。フロロサーフのいつくかあるメリットのうちの一つに、メヤニ防止効果があります。約一時間経過してもメヤニが生じにくくなり、長時間の成形が発揮できます。フロロサーフの離型成分は、母型表面に強く結合されているので、成形物に離型剤成分が転写されるという心配もありません。メヤニ成形にお困りなら、是非フロロサーフを利用してみてください。

おすすめの情報

更新情報